ねこ的アルゴリズム

技術的な話メインの雑記ブログ

手を動かせば、たったの 10 分!実践!Illustrator 入門

こんにちは、珍獣(@mc_chinju)です。

f:id:neko_aquaalta:20170813131333j:plain

  • ブログ記事のアイキャッチ画像 、適切なやつがなかなか見つからない
  • ブログのちょっとしたデザイン 、自分でできたらめちゃめちゃ便利だなー

と思い、デザインの勉強を始めました。

  1. デザイン理論の基礎
  2. Illustrator の使い方・実践

前回は 1 を扱いましたので、

後半の今回は、 2. Illustrator の使い方・実践 に移ります。

基本的な使い方さえ身につけてしまえば、タイトルに偽りなく、

10 分もあればひとつのデザインができるようになります!

それではどうぞ!

Illustrator とは

イラスト制作は勿論のこと、ロゴタイプや図面、広告、パッケージなどをデザインする描画ツールソフトとして、印刷業界などあらゆる分野で使用されている。 特にDTP業界においては印刷物(チラシや小冊子)制作ソフトとしてはデファクトスタンダードとなっていて、デザイナーはAdobe Photoshopと併せて使用する場合も多い。

通称 イラレ です。

Photoshop との違いがよくわからない という声が多いと思いますが、

  • Illustrator は、 拡大・縮小しても荒れない 画像を扱うもの
  • Photoshop は、 ドット単位で構成される 画像を扱うもの

です。

例えばチラシを作ろうとしたとき、チラシのパーツを Illustrator で作ります。

チラシに各パーツを置いて、ひとつのチラシを作っていきますが、その際に Illustrator で作った画像を使うと、ちょっとした拡大・縮小でも画像が粗くならない、というメリットがあるのです。

ちなみに、こういった「拡大・縮小しても粗くならない画像」を ベクター画像 といい、ベクター画像を作るツールがイラレです。

Illustrator を GET しよう!

購入しようとすると、月額 ¥3,180 とかなり割高な料金になりますが、

7 日間の無料体験 が準備されています

その間に簡単に作れるようになるまでのスキルを身につけて、もし気に入れば数ヶ月継続して試すのがいいかと思います!

作成の準備

体験版のインストールはお済みでしょうか?

イラレを開いて新規作成すると、以下のような画面になります。

f:id:neko_aquaalta:20170814161426p:plain

ここをベースにいろいろ作っていきます!

作品例 「THYMES」

f:id:neko_aquaalta:20170814162449j:plain

初心者でも簡単に 2〜3 分で作れるのがこちらです。

使うツールは、

  • 文字ツール
  • 選択ツール
  • ダイレクト選択ツール

の 3 つです。

文字ツール

文字ツールは、その名の通り、テキストを入力するものです。

画面上で t キーを押し、クリックすることで、画面に文字が置かれます。

かんたんですね。

全文選択して、フォントは適当に選びましょう。

文字間隔を空ける

f:id:neko_aquaalta:20170814163605p:plain

ちょっと文字間隔が詰まっていますね。もう少し空いてるとベターなので、修正します。

  1. 全文選択
  2. command + 方向キー

で少し広げることができます。

f:id:neko_aquaalta:20170814163809p:plain

こんな感じ。

ダイレクト選択ツール

次に Y の文字の一部を画像に置き換えていきます。

まずは、字の一部を消すところから。 ダイレクト選択ツール を使います。

画面上で a キーを押すことで使えるようになります。

  1. 文字を全選択
  2. command + shift + o

こうすることで、文字が文字ではなく、位置情報(パス)を持った要素として認識されるようになります。

f:id:neko_aquaalta:20170814164934p:plain

あとは、消したい部分のパスを選択して、 delete キーを押すだけで消せます。

f:id:neko_aquaalta:20170814165037p:plain

めちゃかんたん!

選択ツール

選択ツールは、普通の選択です。 画面上で v キーを押すと使えます。

  • 要素をまるごと移動できる
  • shift 押しながら縦横比(アスペクト比)変えずに拡大縮小できる

とか、いたって普通の使い方をします。

葉っぱのフリー素材を適当に見繕って、画面にドラッグ&ドロップし、位置を調整してあげれば完成です!

f:id:neko_aquaalta:20170814162449j:plain

作品例 「雨」

f:id:neko_aquaalta:20170814171700j:plain

先ほどのものよりも少し複雑になりました。

雨がしたたる様子を表した感じですね。では作っていきましょう。

ベースは普通の文字の「雨」から

f:id:neko_aquaalta:20170814172050p:plain

ダイレクト選択ツール

先ほどと同様、 command + shift + o で文字に位置情報を与え、不要な部分を削ります。

f:id:neko_aquaalta:20170814172254p:plain

パスの位置関係から、線が斜めになっているので、水平にします。

水平にしたい部分を選択すると、ツールバーに以下のような記号が出てきます。

f:id:neko_aquaalta:20170814172515p:plain

あとは、「下揃え」を押せばおっけーです。

このあとは、

  • 選択して線を伸ばす
  • 図形ツール(角丸長方形ツール)で伸ばした線の下部を丸くする
  • ズレを「左揃え」「右揃え」で揃える

としてあげれば、それっぽくなります。

ペンツール

最後に、「雨」 の点々を表現しましょう。 ペンツール を使います。

画面上で p キーを押すことで使えるようになります。

  • 始点をクリック
  • 終点をクリックしながらドラッグ

曲線ツールを使ってもいいですが、上記の操作でも直観的に曲線を引けます。

f:id:neko_aquaalta:20170814181309p:plain

あとは少し調整してやれば完成です!

f:id:neko_aquaalta:20170814171700j:plain

どうやってデザインスキルを伸ばしていくか?

さて、今回実際に作ってみたわけですが、今後自分でさらにスキルを上げていくにはどうすればいいでしょうか?

答えは非常に明快で

短時間で作りまくること です。

デザイナーは 1 つのデザインに多くの時間を割いていては、 いつまで経っても時間あたりの稼ぎが上がらないから だそうですが、これ、色々なことに当てはまるなーと感じています。

  • デザイン
  • プログラミング
  • ブログ

どれを取っても、アウトプット量に比例して、成長してくものです。

  • 早く結果を出せるようになりたければ、たくさんアウトプットする!
  • たくさんアウトプットするには、 集中して短時間で終わらせる!

今回のように、具体的な操作方法まで取り上げると、執筆に時間がかかりすぎてしまうので、少し反省している僕でした笑

まとめ

最後にまとめです。

今回は、2 つのデザインを例に、以下のツールを使いました。

  • 文字ツール
  • 選択ツール
  • ダイレクト選択ツール

イラストレーターの基礎中の基礎ではありますが、少し触ってみるだけで、自分でもちょっとしたデザインであればできるようになるものですね。

残すところあと 3 回ほどレッスンがありますが、個人的な目標として、 3 つ掲げています。

  1. SNS アイコンを自作すること
  2. ブログヘッダーを自作すること
  3. LINE@ アイコンを自作すること

ちょっとした時間にデザインの練習したりしつつ、今月中にこの 3 つの目標を達成できるよう試行錯誤していきます!

今後はデザインについても LINE@ で共有していくので、興味がある方はぜひご購読ください!

友だち追加

珍獣でした!