ねこ的アルゴリズム

技術的な話メインの雑記ブログ

2 分でわかる vim の使い方入門

こんにちは、珍獣(@mc_chinju)です。

f:id:neko_aquaalta:20170718005130p:plain

最強のテキストエディタと名高い vim

普段は他のエディターを使っていても、Linux サーバーを操作するときには避けて通れないのがこいつです。

初心者・初学者が、別のことを学習中に、 vim の操作に意識を取られて目的のことに集中できないことを避けるべく、 本当に最低限の操作だけ まとめました。

それではどうぞ。

vim の起動

  • mac であれば、デフォルトで入っていますので、以下のコマンドを入力するだけです。
  • filename は、編集したいファイル名を入力してください。
$ vim filename

Linux であれば、 vim をインストールする必要がありますが、今回操作を覚える上では、以下のコマンドでも同様のことができますので代用ください。

$ vi

vim のモード切り替え

vim には ノーマルモード入力モード があります。

これを切り替えて操作します。

ノーマルモードへの切り替え

  • Esc を押す!

入力モードへの切り替え

  • i を押す!

f:id:neko_aquaalta:20170718005807p:plain

ここからは普通のエディター操作と同様です。 何度か、ノーマルモードと入力モードの切り替えを試してみてください。

vim の終了とファイルの保存

vim の終了

  • ノーマルモード状態で :q
  • 強制終了は、 :q!

ファイルの保存

  • ノーマルモードの状態で :w
  • 強制保存は、 :w!

ファイルを保存して終了

  • ノーマルモードの状態で wq
  • 強制保存&終了は、 :wq!

まとめ

vim は本当に便利なエディターですが、やはり初学者にとっては少し取っつきづらいものです。 とりあえず最低限操作できるようにしておいて、もう少し詳しい操作は後日触りながら覚えるで全然いいかと。

もっと詳しく知りたければ、

$ vimtutor

をやってみましょう!

それではよいプログラマーライフを!